City Bus Lovers・玄琢特六企画 附属ブログ

City Bus Lovers・玄琢特六企画 附属ブログ。濃い乗り物(バス)ネタを狭く深く。

民営バス

運賃踏み倒し+暴行=強盗

バスの運賃踏み倒しに運転手への暴行を同時に行うと「強盗」になるようで。 路線バス 運転手に暴行、運賃払わず 強盗の疑いで男逮捕 静岡(静岡新聞) タクシーに取り付けらている大型アクリル板も感染症対策というより防犯対策の側面が元は大きかっただけに、…

今季最強寒波 交通障害続く

10年に1度クラスと言われた今季最強寒波。列島各地を中心に大きな影響が。 日本列島は記録的低温、大雪続く 気象庁警戒呼びかけ(産経新聞) 関西地方では24日夕方から急激に気象状況が悪化したため、高速道路などで立ち往生が発生。 新名神高速の立ち往生、1…

大雪警戒

今季最強の寒波襲来で各地で大雪。高速道路通行止めで高速バスで運休が多数発生しているほか、積雪のある地域や今後雪害が見込まれる地域では路線バスも一部運休が発生しています。 大阪市内は今のところ天気に大きな崩れはありませんが、市域を運行する大阪…

対応は各事業者それぞれですが…

新型コロナ感染者の日本初確認からはや3年。感染症拡大防止対策で当たり前になった「アノ措置」に関する話題。 路線バスで運転手の背後の座席が使えない…これ必要? 事業者間で感染リスクの捉え方まちまち<ニュースあなた発>(東京新聞) 事例は首都圏のなか…

美杉観光バス横転死亡事故 車両部品に故障は確認されず

昨年10月に静岡県で発生した美杉観光横転死亡事故。運転手の男の刑事責任が問えるか否かの捜査が続くなかで、事故を起こした車両を製造した三菱ふそうが車両部品に異常が確認されなかったことが判明した模様。 静岡の美杉観光バス横転、メーカー「部品の故障…

新型コロナ感染拡大 バス事業者への影響続く

昨年3回目の流行から続く新型コロナの感染拡大。運転手の感染も相次いでいる影響で、運行にも大きな影響が発生する事案が各地で継続中。 1月7日時点で一般路線の運休・減便が発生している事業者のおわびとお知らせを一部抜粋。 バス乗務員の新型コロナ感染拡…

愛知・あおい交通に車両使用停止処分

今年8月にあおい交通(愛知)が起こした横転死亡事故。 事故を受けて行われた監査で運転手の勤務時間超過等の法令違反が判明したため、国交省中部運輸局は40日車(2両×20日間)の車両使用停止処分*1を命令。 あおい交通株式会社に車両使用停止処分(国土交通省中…

西Jバス 京丹波地区の一般路線から撤退か

2000年代初頭の一般路線大量撤退後も西日本JRバスが運行を続けていた京都の園福線(福知山駅~園部駅)。 新型コロナ発生前から自社単独で運営ができず国と府による運営補助が行われていましたが、この3年の経営環境一変もあってついにギブアップ宣言。 園福線…

阪急系バス事業者で事故 運転手の男逮捕

死者が出なかったのが幸いでしたが、運転していた59歳の男を現行犯で逮捕。 西宮の商業施設に路線バス突っ込む「地震みたいな音」 3人けが、運転手の男逮捕 恐怖の声続々(神戸新聞) 事故を起こしたのは阪急HD系事業者。 事故現場が通行人が多い場所というこ…

名古屋市バス・名古屋ガイドウェイバス 2023年1月4日ダイヤ改正

個人的にちょっと気になったので名古屋市バスのダイヤ改正の話題を。 市バスのダイヤ改正について(名古屋市交通局)ゆとりーとライン運行経路及びダイヤ等の改正について(名古屋ガイドウェイバス)(PDF形式) 経路変更は千種区役所移転と守山区内の区画整理の進…

阪急バス 停車すべき停留所を通過→車両使用停止処分

国土交通省近畿運輸局は阪急バス・唐櫃営業所にのべ10日間(2両)の車両使用停止処分を命令。処分は11月21日付。 こちら(国土交通局近畿運輸局・PDF形式) 違反内容は今年7月9日、谷上駅12時19分発の158系統(神戸駅前行き)にて新開地東口停留所に停車すべきところ…

京阪京都交通 新型コロナ感染拡大で一部便運休

今年3回目の新型コロナの感染拡大。関西地区のバス事業者でも今月後半から影響が広がっていますが、京阪グループの事業者・京阪京都交通でも運休が発生。 【平日】一般路線バスの一部便運休について(京阪京都交通) 公式からの発表はありませんでしたが運休対…

全国旅行支援 年明け以降も条件付きで継続へ

引き続き新型コロナの感染状況次第という条件付きですが、年末年始の休止期間を挟む形で年明け以降も政府の全国旅行支援が継続へ。 「全国旅行支援」年明け以降も継続へ…割引額の上限は7000円に引き下げ(読売新聞) 割引率は見直しが入り、息の長い観光支…

オオサカメトロ 大阪公大新キャンパス前に新駅設置?

オオサカメトロからの公式発表はなくあくまでも「検討」段階とのことですが、複数の報道機関で報じられた色々と気になる話題。 大阪公立大の新キャンパス前に新駅設置検討、オオサカメトロ(産経新聞) 大阪府立大学を改組・統合して今年誕生した大阪公立大学の…

金剛バス 新型コロナ感染拡大の影響で減便

じわりじわりと新規感染者数が増加している今年3回目の新型コロナ流行。大阪府内の事業者でも運転手間の感染拡大でついに運行ダイヤへ影響が出た事案が発生。 11/21~平日ダイヤを土日祝ダイヤ変更のお知らせ(金剛自動車) 今回新型コロナの影響で正常通…

新型コロナ陽性運転手を乗務させたバス事業者(サンシャインエクスプレス)が行政処分

高速バス事業者・サンシャインエクスプレスが新型コロナ陽性が判明した運転手を乗務させたとして、国交省近畿運輸局はサンシャインエクスプレスにのべ90日間の車両使用停止処分を命令。 高速乗合バス事業者に車両停止命令(国土交通省近畿運輸局)(PDF形式)新型…

ここまで来るともはや別の問題も大きいような…

運転手1人がコロナ感染、路線バスを一部運休に…北鉄白山バス(読売新聞) 運転手1名感染で路線バスの運行に支障が生じたという北鉄グループの事例。 労務関係ではあまりいい話を聞かない事業者という声もあるようですが、1名離脱で回らなくなるのはさすがに… …

湘南方面へ行ったついでに…

神奈川中央交通の営業エリアに行く用事があったタイミングで平塚駅前のロータリーに立ち寄った時の一枚。 (緊急事態宣言・外出自粛要請・往来自粛要請期間外に撮影) 神奈中バスでは大所帯のふそう・エアロスター。2017年度導入ということなので(記事作成時点で)…

新型コロナ 冬の流行でバス運行にも再び影響が

今年3回目の流行の波に突入したものとみられる新型コロナ。特に状況が厳しい北海道でバス運転手の感染が相次いだ結果、所定ダイヤから減便を余儀なくされる事業者が相次いでいる模様。 平日ダイヤの運休および減便について(ジェイ・アール北海道バス)(PDF形式…

東急電鉄運転士の男 他社の運行妨害で逮捕

バス業界とも必ずしも無関係ではない事件なので新聞の記事を。 東急運転士の男、運行妨害疑い 遅刻恐れ小田急ドア解錠か(産経新聞) 詳しい内容は割愛しますがいやー、動機もあまりにも身勝手…

閑散続く関西空港の様子を見に行ってきた

City Bus Loversのサイトでも先日取り上げたシティバス・空港リムジンバスが長期運休している話題。 新型コロナの状況がようやく落ち着いたこともあって、路線開設以来叶わなかった関西空港への訪問がこのたび実現。 トピックでは紹介できなかった内容をはみ…

【朗報】ガンバ残留確定

J2降格争いに巻き込まれていたガンバ大阪、最終節で鹿島相手に引き分けに持ち込んでなんとか来季のJ1残留が決定。 J1とJ2では色々と変わってくるだけによかったよかった。 ちなみに優勝争いのほうは\横浜優勝/だった模様。

美杉観光バス横転死亡事故 在宅捜査に移行

先月13日に発生した美杉観光バス横転死亡事故は捜査長期化へ。 小山バス事故 制御不能1キロ以上 運転手は在宅捜査ヘ(静岡新聞) 容疑者の男(26)は勾留期限を迎え処分保留で釈放。今後は在宅捜査で起訴の可否を判断。

美杉観光バス横転死亡事故 運転手の操作ミス濃厚に

先月13日に発生した美杉観光バスの横転死亡事故。事故原因を捜査した結果、常用ブレーキの使い過ぎで効きが弱くなっていたことが判明。 車両*1に欠陥は見当たらず、逮捕された運転手の男(26)の運転操作ミスが濃厚に。 美杉観光バス横転事故は「フェード現象…

一晩明けて色々考えて思ったこと

きのうのメトロの啓発動画を見て改めて考えてみたこと。 内容は「撮り鉄」へ対しての注意喚起でしたが、心の奥底に引っかかるところがあったのでこのブログの過去投稿を振り返り。 7月に有名な某鉄道系ユーチューバーが動画を上げた時の投稿(↓)。 SNSだと好…

オオサカメトロ「朝夕ラッシュ時・混雑時の撮影は控えてほしい」

社会問題化した鉄道マニア「撮り鉄」を念頭に入れたとみられる啓発動画がオオサカメトロ公式YouTubeにて公開。 みんなが使う駅だから守ってほしいこと【Metro News vol.140】 - YouTube 動画内では基本的なマナーに加えて「朝夕ラッシュ時・混雑時の撮影は控…

京都バス高野営業所 社屋建替工事実施中

新型コロナの状況も落ち着いてきたということで、あまり天気が良くない日ではあったものの仕事の休みに合わせて京都方面へ。 今回は高野川沿いに出向いたのでその道中、京都バスの高野営業所にちょっと立ち寄ってみたところ、新社屋の建替工事が絶賛行われて…

西日本JRバス・京都バス 京都市バスとの共同運行を開始<後>

生活様式の変化に合わせて大きく様変わりした京都市バス'22/3新ダイヤ。 記事が長くなり1回では紹介しきれなかった共同運行開始の話題、今回の後編は京都バスの動きを中心に取り上げます。 ▼前編はこちらから

死亡事故を起こしたあおい交通 行政処分へ

8月に発生したあおい交通の高速バス横転事故(乗客1人と運転手が死亡)。 事故を受けた中部運輸局の監査で死亡した運転手(55)に基準を超える長時間勤務が恒常的に行われていたことが発覚したため、車両使用停止命令などの行政処分を近く行う方向に。 名古屋バ…

西日本JRバス・京都バス 京都市バスとの共同運行を開始<前>

新型コロナの流行長期化の影響を大きく受けた京都市バスの'22/3新ダイヤ。 新ダイヤ開始に合わせて一部路線が他の事業者との共同運行に変更されたので、混んでいる時期や時間帯を避ける形で京都へ。前編の今回は西日本JRバスの様子を中心に紹介。